『旅行』にまつわる歴史的偉人たち

日本人で初めて海外旅行した人物『ジョン万次郎』

日本人で初めて、海外旅行をした人物ではないかと言われているのが、幕末に日米和親条約の締結に尽力した、ジョン万次郎です。彼は14歳の頃に、仲間と漁に出ていた際に嵐に遭遇し、奇跡的に伊豆諸島に漂着後、アメリカの捕鯨船に助けられます。そこで捕鯨船の船長に頭の良さを気に入られ養子となり、アメリカ本土に渡り、現地で英語や航海術・測量などを現地の学校で学びます。ジョン万次郎は、ゴールドラッシュの時代のサンフランシスコの金鉱で資金を得て、上海行きの商船に乗り込み、琉球を経て日本へ帰国後、開明的な薩摩藩主・島津斉彬に薩摩藩の英語教師として招かれます。漂流後に渡米した彼は、日本人で始めて海外旅行をした人物だと言われています。

日本人で初めて新婚旅行をした人物『坂本龍馬』

日本人で初めて、新婚旅行をした人物ではないかと言われているのが、薩長同盟の斡旋や海援隊(亀山社中)の結成、大政奉還などに関わった幕末の志士として有名な、坂本龍馬とその妻・お龍(おりょう)です。1886年に「寺田屋事件」で深い傷を負った坂本龍馬とその妻・お龍は、龍馬の傷の治癒も兼ねて、鹿児島県(薩摩藩)の霧島へ新婚旅行に出かけます。京都を発った坂本龍馬とお龍は、薩摩藩の船を利用して、鹿児島県の錦江湾・浜之市港へ向かい、霧島温泉や日当山温泉などへ傷を癒す為に滞在し、その道中に阿蘇山の噴火によって作り出された地形の宮崎県にある高千穂へ登山をしたり、霧島神宮へ参拝したりするなど、鹿児島県を中心に観光をしたそうです。歴史的偉人たちが旅行を行った足跡を訪ねながら、旅行をして見るのも良いかも知れません。

旅芸人

旅行するときにわざわざ持っていかなくてもいいものとは

旅行はできるだけ身軽な方が楽

生まれて初めて一人旅をしたとき、つい、テンションが上がりすぎて準備に時間をかけ、いろいろなものをバッグに詰め込んでしまったという人も少なくないでしょう。しかし、上手な旅行の仕方として、荷物はできるだけ家から持っていかず、現地で調達して現地で処分するということが挙げられるように、絶対に持っていかないといけないものはそれほど多くありません。では、持っていってもあまり意味がないものについてはどのようなものがあるでしょうか。まず、挙げられるのはお風呂に必要なもの、そして洗面用具です。タオルは体を拭くものも、顔を拭くものも宿泊施設から提供されるのが普通ですし、シャンプーなども浴室に備えられています。洗面用具に関しては、歯ブラシもやはり宿泊施設が提供しています。

意外とかさばる布製品を省く

寝具についても、基本的には持っていく必要はありません。寝間着が用意されているからです。どうしてもジャージなど、慣れたものを着て寝たいというこだわりがあるなら別ですが、特にないのであれば、布製品はできるだけ持っていかないようにしましょう。タオルやパジャマといったものはバッグに入れると意外とかさばるので、持っていかなければバッグのスペーズにかなりの余裕ができます。宿泊先でパソコンをインターネットにつなぐために、モバイルWi-Fiを持っていこうとする人もいるかもしれませんが、一定以上のグレードの宿泊施設であれば、無料でWi-Fiか、LANケーブルを接続してのインターネットが部屋でできるようになっていますので、宿泊施設に問い合わせて使えるようであれば持っていく必要はないでしょう。

旅行

新たな楽しみ方ができる1人での旅行?!

予定を凝縮!好きな場所に好きな時間に行ける

1人で旅行をする場合、計画を一人で立てるので、行きたいスポットを全て自分で決められます。他の人が見たくて、自分が見たくないスポットに付き合い見ることも無いので、厳選した場所を回ることができます。時間の変更なども一人の場合自由なので、もっと長く居たいい場合、次の予定を気にせず、いつまでもその場所に滞在することができますし、期待していたようなスポットでは、なかった場合にもすぐに移動することができます。食べたいものも人に合わせることがないので食べたい時に食べたいものが食べられます。ホテルも自分好みのセレクトができるので満足のいく宿泊ができます。予算も一人の場合自分の事だけを考えれば良いので予算内で、無理をする必要がありません。

新たな人との出会いあり!?体力的にも好都合な行動

大人数での移動をしていると、周りで歩いている地元の人から話しかけられることは少ないと言えます。そのため地域ならではの情報が得られません。しかし1人で旅行をしていると、地元の人と話す時も、時間を気にせずゆっくり対話できるので、たくさんの情報が得られます。また、話した相手も1人で旅している人の場合、話し相手になったり新たな出会いからの発展も期待できます。旅行中に疲れた場合や、体調が悪いなと感じた場合、大人数での旅行の場合は、早く帰りたくても自分だけ帰ったりしてしまったら周りの気分を悪くさせてしまったり、予定を崩す原因になってしまいます。しかし、1人での旅行の場合なら宿に帰りたいと思った時に帰れます。

タビマスターズ

カップルの旅行で気をつけることとは?!

移動手段と宿泊先にはお金をかけよう

移動手段に価格が安いからという理由から深夜バスを利用する人が多いです。男性の人はあまり気にならないことが多いかも知れませんが、女性が体が痛くなったりし、万全の体調ではなくなってしまい、旅行のプランを楽しめなくなってしまうことがあります。移動時間が長い場合は睡眠をとる場合もあります。男性は寝顔を見られても平気だと思いますが、女性は気になって眠れないということも考えられます。また宿泊先が安い所だとお風呂に、清潔感がなかったり、部屋が不気味な雰囲気の所も中にはあります。男性はあまり気にならないかも知れませんが、女性は敏感です。せっかくの旅行で宿泊先が汚いという理由で2人の仲があまり良くなってしまう場合もあるので、気をつけたいところです。

日々の姿が見えるのを覚悟して行こう

付き合ったばかりだったり同棲していないカップルは、お互いに見せたことのない姿を見せることになります。お風呂上りのすっぴんや、パンツ1丁の姿など、今までの着飾ったイメージとは違うお互いが見られます。それを受け入れてこそ、カップルとして長続きする良い機会にもなりますが、ギャップについていけずに好きな気持ちが減ってしまう場合も考えられます。お互いに普段の自分を見せて受け入れるという覚悟が必要です。また自分が普段行っていて、人に見られたら嫌がられるような癖は、旅行を機にやめるという方法もあります。これから先、結婚などを考えている人は、自分の行動を見返し、堂々と着飾ってない姿を見せられるようにすると良いです。

タビマスターズ

旅行に重宝するレンタカーについて

レンタカーは旅先で実用的です

レンタカーについては旅先の場所で応用可能な乗り物として実用的です。お手頃なレンタル料、さらに子供さんも安心できる禁煙車、さらに利便性のあるインターネット予約などいくつものサービスを活用できます。都心は交通網が発展していますが、地方都市に旅すると、電車であったりバスが確保できない場合があります。レンタカーでしたら交通機関の乗り替えや時間などの制限を気に留めることもないのです。カーナビを使用する事によって、高速や抜け道も時間をかけず活用することができます。ミニバンといった大型車については、アウトドアを容易に楽しむことも可能です。バスや鉄道、観光タクシーについても、ガイド料金等も加えると高額になることに繋がります。レンタカーは保険料もしくは利用料だけで、スムーズに運転を堪能できます。

レンタカーの利便性とは

長い距離の移動にレンタカーは利便性があるといえます。ガソリン料金が買い時であれば、一段と安い費用になります。観光ツアーについても魅力的ですが、プライバシーにプライオリティを置きながら旅行プランを練るなら、レンタカーは非常に実用的です。都合に合わせてどうしても必要な所だけ行き来でき、ショッピングなども容易です。利用する人数もしくは野外の行動など目標に合わせて、自由自在に車の種類を選択することも実現可能です。前もってホームページを経由してサービスに関する詳細を見定めて、インターネット予約を行なうと実用的です。さらにチャイルドシートの有るか無いか、さらに積雪エリアならばスタッドレスタイヤそして、想定外の事故のための保障などもきちんと確めておくと、旅行を楽しめます。

タビマスターズ

大阪旅行で行っておきたいスポット

楽しめるスポットに行こう

大阪旅行に行く場合に楽しめるスポットとして挙げられるのは、劇場です。大阪はお笑い文化が盛んなので、大阪のお笑いを堪能するのは旅の醍醐味でしょう。落語を見たい場合は、繁盛亭という劇場が人気です。繁盛亭は朝・昼・夜と公演を行っているのでいつ行っても楽しめます。漫才を楽しみたい場合は、なんばグランド花月が評判です。「笑いの殿堂」というキャッチコピーを持つ800席の大きな劇場となっています。ベテランの漫才や大阪名物の新喜劇などとても楽しめます。若手芸人が見たいなら、よしもと漫才劇場やZAZAが良いです。フレッシュな漫才やコントなどが楽しめ、単独ライブなども見ることができます。これらの劇場は、難波の千日前エリアに集まっているので訪れやすいです。

グルメを満喫できるスポットに行こう

大阪旅行でグルメを満喫したいなら、お好み焼きやたこ焼きなどの「粉もの」が人気です。梅田や難波には粉ものの人気店が集中しており、観光客で賑わっています。また、安い価格で食べられるのも魅力です。串カツが食べたいなら新世界エリアが評判です。通天閣のお膝元である新世界は串カツの激戦区でおいしい名店が揃っています。また、新世界はどて焼きや寿司などを出す店も人気が高いです。その他には、大阪ならではのラーメンが好評です。大阪の人気のラーメンは「大阪ブラック」という黒い色が特徴の醤油ラーメンです。見た目以上にあっさりとした味は観光客にもたくさん訪れられています。大阪ならではのつけ麺のお店も多数存在し、こってりスープが人気のつけ麺店は大阪にかなり多く激戦区となっていて味のレベルも高いです。

タビマスターズ

誰かと行く旅と一人旅

誰かと旅行に行くということ

旅行を楽しむためにはどこへ行くか、何日かけて旅行するか、予算はどの程度必要か、といったことの他に誰と行くのかという問題も重要です。この要素は以外と馬鹿にできないもので、知らなかった一面を知ったことによってもっと仲良くなれる可能性もありますが、その一方で自分と、あるいは自分以外の人との相性の悪さが露呈して、楽しむどころではなくやたらと疲れてしまったということになり可能性もあります。人と人との相性の悪さを見極めることは難しいことで、わかりやすい人もわかりにくい人もいるため、実際に旅行をするまではわからないこともあります。とは言っても、可能性を恐れて試さないのももったいないことです。特に何事もなく楽しい旅行になる可能性もあり得ます。

一人で行く旅行の魅力

誰かと行く旅行もまた楽しいものですが、だからといって旅行は誰かと行くものというわけではありません。どうしても人付き合いが苦手という人もいれば、普段の人付き合いから解放されたいという人もいるでしょう。そんな人は無理に誰かと行くのではなく、自分だけで旅に出るという選択も考えてみるといいでしょう。旅行は一人で行くものじゃないと考えているなら、それは違います。一人旅が嫌いだというならともかく、自分が楽しむことができるなら何の問題もありません。また、一人旅では自分の興味関心に従ってプランを考えることができるのも利点です。限られた時間の中で複数の人の希望をすべて叶えるのは難しいですし、時には自分の希望を諦める必要もあるでしょう。しかし、一人旅の場合は自分のためだけに時間を使うことができます。

タビマスターズ